2019筑駒への道(目指せ3冠!!)

ラスト1年に賭けた勉強の記録を綴ります。。。

コンディショニング

長男とのジョギングの最中にコンディショニングについて話しました。


私自身の経験ですが、コンディション次第でパフォーマンスは上下20%ぶれます。
コンディションが整った状態だと、その時点における実力を20%上回った120%の出来となります。「神がかる」ことがあるのです。
逆にコンディションが整えられない状態だと、その時点の実力を20%下回った80%の出来にしかなりません。
ここでのコンディションとは、風邪をひいていない、熱を出していないなどの肉体的な条件のみならず、受験時点においてやるべきことをやり切ったという自信や、親と喧嘩しておらず心の平穏を保てているなどの精神的な条件も含みます。


スポーツの試合では、いかに試合時にピークに持っていくかというコンディショニングが重要視されますが、受験においてはそれほど言われていない気がします。


直近の早稲アカの開成模試でコンディションがいまいちで長男本人もあまり手ごたえを感じられなかったと言っていたことから、この話をしました。


長男も、「だったら、合格最低点の25%上回る実力をつけておけば、万が一コンディションが悪かった場合でも合格できるね」とコンディショングの重要性と目標点を意識できるようになりました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。