2019筑駒への道(目指せ3冠!!)

ラスト1年に賭けた勉強の記録を綴ります。。。

衣食足りて冷雪を知る

弊害といえば、今回の長男の答案を見て目が点に!
算数とか理科は難しい問題も解けているのに、漢字の書き取りになるとこれですかと。。。


どういう意味か分かるかと聞くと、それなりの回答がありました。
「貧しい頃は余裕がなくてさ、雪の冷たさを感じなかった。でも衣食が足りるようになり豊かになってくると、振り返ってみて、ああ、あの頃は雪が冷たかったのか、それすら気がつかなかったんだなぁ、ということが分かるようになった」
なるほど、長男の中ではそれなりのストーリーがあって、それを書き取ったようでした。


ただ単に知らないがために、こんな凡ミスを犯します。
でも、責めたり、怒ったりはしません。
もちろん、本人には注意します。でも必要以上には言いません。


というのも、こうなることを覚悟のうえでそういう戦術をとってきたからです。基礎的事項を広くカバーし切れていません。
だから、客観テストは学校別テストより成績が悪いです。でも気にしません。
このことを承知の上で、これまで勉強方法を考えてきたのです。
このようなミスを冒すかもしれないリスクをとって、それでも応用力を磨いて、特に算数で点数を取りに行く作戦を採ってきたのです。
最終的に合格するためにはこの戦術が有効であると判断して、これまでやってきました。これまでのところ吉とでています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。